2012年02月08日

問題はそこじゃない

中学と高校の体育で、柔道を含む武道が必修になるそうだ。
柔道も含め武道は、もちろん勝負の要素が大きいのは確かだが、それに劣らず「礼」も重視される。そういう意味では一人でも多くの子供がそういったものに触れる機会があるのは良いことだろう。
しかし、死亡事故が結構起きていているらしい。
後遺症の残るような怪我や死に至れば本人や保護者の苦痛は大きい。
「柔道事故被害者の会」によると、学校活動内ので死亡件数は、柔道絡みが突出しているのだそうだ。
http://judojiko.net/news/364.html

「柔道=危険」というステレオタイプが出来上がりつつあるようだが、中高で4年ほど柔道をやっていた者としては、そのステレオタイプ自体はちょっとどうかなぁ、と思う。
どんなものでもやり方が悪ければ悪い結果が出がちなもので、これもそういう一例だと思えるからだ。

頭を打ちやすい大外刈を禁止にするとか言っているらしいが、問題はそういうことじゃないだろう。

「柔道は安全なスポーツか?」と訊かれたら、まず「武道であってスポーツというのは微妙だ」というツッコミもあるが、やり方いかんによっては、他のスポーツよりずっと危険だし、ずっと安全だ。
どういうことか。
そもそも、相手を投げたり首や関節を締め上げたりするのが「技」として認められているのだから、素のままでは安全な筈はない。
だから本来、真っ当な指導が行われている場では、投げ技を教える前に、受身を徹底して叩き込む。怪我をしないために必要だからだ。また、自分の技で、自分自身や相手に怪我をさせないことについても日々厳しく指導される。
柔道をやっている人間なら「柔道は、よほど真剣にやらなければ怪我をする」ものだということは弁えている。
そういうことが徹底できていれば、柔道は寧ろ安全なはずだからだ。

柔道部では、入部して最初の何週間かは毎日受身の練習ばかりをやる。それは受身をしっかり体で覚えさせることのほかに、受身を取って頭を打たないようにするために必要な首の筋肉を鍛えることもある。それでもなお、投げ技の指導を受け初めの頃は、投げられて頭を打つこともあるが、段々に、危険な投げ方さえされなければちゃんと頭を打たなくなる。

・・・そういったものである柔道を、たかが週に何時間かしかない体育の授業の一部だけで、それも運が悪ければ柔道の十分な経験のないかもしれない体育の先生の指導で徹底出来るのかというと、これはとても厳しい。
私の場合、中高共に体育に柔道の授業があった(中学は柔道指導のモデル校に指定されていて、その関係で柔剣道場も整備されていた)。
今はどうなっているか知らないが、私が中高生のころの体育の先生というのは、少なくとも柔道三段を所持していた。柔道出身の先生なら問題ないが、そうでない先生の場合、講習会をちょろちょろっと受けて段位をもらってたそうだ。正直なところ、そういう先生の身のこなしは、生徒で柔道部員だった自分が見ても結構危なっかしかった。
柔道の世界では、初段以上が指導者、三段以上が師範ということになっているので、教師として柔道を指導するとなると、三段以上は持っていないと話にならない。それで柔道を指導しなければならなくなった体育教師には、便宜的に講習会受講で三段を授与してしまうということなのだが、これも間違いの元だと思う。
あと、レスリング経験者というのも危ない。私の知る限り、レスリング経験者やレスリング向きの人間は、柔道で人に怪我をさせることが多い(私もそういう教師に寝技で骨を折られた。瑕疵はその教師にあると認定され、その教師は以後柔道部を出入り禁止になった)。

色々とまとまりもなく書いたが、結局のところ、

 ・柔道を一人でも多くの子供が経験するのは、「礼」を学ぶ上でも良い事だ。
 ・ただ、それなりの稽古(特に受け身)と怪我をしないための種々の心得なくして
  乱取りなどをやらせるのは以ての外。
 ・柔道の最低限のことをやるには、体育の授業だけではとても不十分。
 ・ちゃんと柔道のことを知っている指導者がいなければ、柔道の指導は無理。
  柔道部出身じゃない教師と、柔道経験があってもレスリング経験のある教師には、
  真っ当な柔道の指導は出来ない。

ということに尽きる。以上がきちんとクリアされた場合、「柔道は危険だ」などという話は出てこないのではないか、と私は思う。
posted by D(各務) at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2012年01月28日

散策

明日、母方の祖母の七回忌があるので、従姉が名古屋から来た。
祖母が本来最期を迎えるべき土地でそうなっていたら、行く方と出迎える方が逆になるはずだったが、晩年、祖母は長男の許に引き取られ、亡くなった後は墓も埼玉に引越し、法事もこちらの方でやるようになった。
母方の親戚筋の殆どは今でも愛知や岐阜にいることもあり、祖母が埼玉に移って以来、本家で親戚が大人数で集まっる機会もなくなった。
子供のころのそういうときと比べると、ちょっと寂しい気がする。仕方ないことではあるけれど。

一日早く来た従姉のリクエストで、bunkamuraでやっているフェルメール展を観た。40点くらいある展示品のうち、フェルメールのものは3点のみ。なのに展覧会の冠になるなんてすごい影響力。
#画は色々と面白かったが、細かいことは省略。(^^;

その後あれこれ散策した後、叔父夫婦と合流し、晩飯をご馳走になった。
夜は叔父のおごりだったが、お昼も従姉にあれやこれやと言いくるめられてご馳走になってしまったので(こっちがおごるつもりだったので『伝票返せ〜!』と言ったけど却下)、結局今日は自分の金で何も食べてない(喫茶店でお茶をご馳走した程度)。

...ちょっと食い過ぎた。

posted by D(各務) at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月11日

毎日.jp:「世界の雑記帳:ベートーベン手書きの手紙公開へ、苦しい経済状況など訴え」

ベートーヴェンについては、例えば「ベートーヴェン」 (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯/平野 昭)などを読むと、甥っ子で両親を喪ったカールのために、親身に面倒を見てやった様子が窺えるエピソードがあった。カールが生計を立てられるように、学校に通わせたり就職口を探してやったりで奔走したこともあったが、そのどこかで、だいぶ大きな金を使ったということが書いてあった気がする(読んだのが二十年くらい前なので、大まかにしか覚えてないが)。
貴族と対等に(?)渡り合って自身の年金の支払いの約束を取り付けて音楽活動をしていたベートーヴェンだったが、少なくともこの時期は、やはり金に不自由しながらだったのだなぁということを、改めて思った。

この貴重な手紙を一般公開するとしたリューベック音楽大学ブラームス・インスティチュートは、既にそのサイトでブラームスの自筆譜(の一部?)を一般公開している。
同じような形で公開してもらえると、どこからでも閲覧出来て有難いのだけど、どんな形で公開されるのだろうか。。。

リューベック音楽大学ブラームス・インスティチュート
http://www.brahms-institut.de/



引用元:http://mainichi.jp/select/world/newsinbrief/news/20120111reu00m030006000c.html


世界の雑記帳:ベートーベン手書きの手紙公開へ、苦しい経済状況など訴え
 [ベルリン 10日 ロイター] ドイツ北部リューベックで、ベートーベン(1770─1827)が自身の病気や金欠を嘆いている手書きの手紙が出てきた。この手紙を遺産贈与の一部としてもらい受けたリューベック音楽大学ブラームス・インスティチュートによると、手紙は10万ユーロ(約980万円)以上の価値があるという。

 6ページに及ぶ署名入りのこの手紙はベートーベンが53歳の時に書いたもので、ハープ奏者で作曲家のフランツ・アントン・シュトックハウゼンに対し、自身が1823年に完成させた有名なミサ曲「ミサ・ソレムニス」の買い手がいないかと尋ねている。

 手紙の中でベートーベンは、患っていた目の病気のことや、おいの学費などで経済的に厳しい状況にあることなどを切々と訴えている。手紙は受取人の子孫である音楽教師が所有していた。

 西部ボンにあるベートーベンの生家を利用した博物館「ベートーベンハウス」のミハエル・ラーデンブルガー氏はロイターに対し、手書きの手紙は非常に価値があると指摘。昨年、ベートーベンが書いた買い物メモはオークションで7万4000ユーロで落札された。同氏は「ベートーベンの手紙は珍しく、手紙の長さや私生活に関する記述を考えると、今回のものは非常に興味深い」と語った。

 ブラームス・インスティチュートは来週、この手紙を一般公開する。

2012年1月11日 16時06分


posted by D(各務) at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2011年12月27日

NTT DoCoMo spモードの不具合のこと

自分はspモードの利用者ではないので多分影響は受けていないと思う。が、それまで知らない人から初めてのメールを貰う機会も多少あるので、そういう中に、もしかしたらそういうメールもあったかもしれない。
最近、運営しているウェブサイトのアクセスログ(httpサーバが記録しているもの)をみると、

AccessExceededNumber

というエラーログがしばしば出ることがあり、それらのすべてがspモードのネットワークからのものだった。
当初はどういう意味のエラーか知らなかったので調べてみると、特定IPからの過剰アクセスが発生した時に出るものらしい。しかしspモードはスマートフォン向けのサービスの筈で、通常の操作でこの様な状態が発生するとは考え難い。ではあるが、PCに繋いで、そのPCからDoS的な大量アクセスをするプログラム(ネット用語的には「田代砲」ってやつか)を実行すれば起きそうな気もする。くらいに考えていた。
件のspモードのトラブルも過剰な輻輳がきっかけだったとされているが、少なくとも手許のアクセスログからは、今年の8月にはspモードで輻輳が起きやすい状況にあったのだろうと想像出来る。
「面倒くさい奴が悪戯でもしてるんだろう」などと早合点せずDoCoMoに通報してあげていたら、ある程度未然に防げたのかもしれない。
...と思った、今回の出来事。

引用元:ドコモメール不具合は1万8698人に影響--他人のアドレスに置き換え
http://japan.cnet.com/news/service/35012635/
※但し説明画像は引用していないので、引用元サイトを参照頂きたい


 NTTドコモは12月27日、メールサービス「spモード」の不具合による顧客への影響を発表した。この不具合は、12月20日に発生したspモードサーバでの輻輳をきっかけに、spモードサーバにおける電話番号とIPアドレスの関連付けにアンマッチが発生。spモードサービスを利用する一部の顧客のメールアドレスが、別のメールアドレスに置き換えられるなどの事象が発生したもの。



 不具合によって影響を受けた顧客の人数は1万8698人でその内訳は以下の通り(「発生した事象のイメージ」の画像も参照)。




  • メールアドレスが別のアドレスに置き換えられた顧客(A):6878人

  • 顧客(A)から受信したメールの送信者欄に別のアドレスが表示された顧客(B):2909人

  • 顧客(A)のメールアドレスに置き換えられた顧客(C):6894人

  • 顧客(C)が圏外や電源断などでメールを受信できない間に、顧客(C)宛に送信したメールの一部を、顧客(A)に受信された顧客(D):2017人



 なお顧客(A)のうち、メールを送受信しておらずメールアドレスの置き換えのみだった顧客が6878人中4097人。顧客(C)のうち、同じくメールアドレスの置き換えのみだった顧客が6894人中4110人となる。



 ドコモでは、12月20日18時頃までに同事象は解消しており、念のため実施していたパケット交換機のリセット作業についても12月22日の1時頃にすべて完了したとしている。また、不具合にともない一時的に停止していた21のspモードサービスについては、「電話帳バックアップ」を除くすべてのサービスが12月22日14時頃に再開。電話帳バックアップは12月26日正午頃に再開したとしている。



 同社ではサービスの一時停止にともない、月額使用料が発生する「ドコモ ドライブネット」「イマドコサーチ」の一時停止した期間を算出し、対象者に日割分にあたる金額を返還するとしている。また、新たに同件に関する専用コールセンターを設置した。電話番号は0120-152-770(携帯電話・PHSも可)、開設期間は12月27日〜2012年1月31日で、受付時間は9時〜20時となる。




posted by D(各務) at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | web/net/pc

2011年12月26日

マリアーン・ラプシャンスキー氏のウェブサイト

スロヴァキア出身で、日本にも何度かリサイタルで来日しているピアニスト、ラプシャンスキー氏のサイトを見つけたのだが・・・・
なぜか2つも見つかった(?!)

Marian Lapsansky Homepage
Marián Lapšanský :: Official Website

どっちが御本家なんでしょうか?(^^;
posted by D(各務) at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ

2011年12月19日

シューベルト作品の自筆譜

とある本に紹介されていたのだが、フランツ・シューベルトの自筆譜のや書簡を閲覧出来るサイトがある。
ピアノソナタ D958 を見てみたところ、第1楽章が提示部までしかなかった。全部をタダで見られるわけではないのかもしれない。「購入」出来るみたいだが、そうすると全部入りのコピーが送られてくるのだろうか? というのが気になった。
ファーガソンがシューベルトの記譜や演奏法について述べたもの(今でも全音版の「シューベルトピアノソナタ全集」で読むことが出来る)を読んでいたので、いずれ見ることが出来たら良いなと思っていたのだ。

Schubert Manuskripte
http://www.schubert-online.at/

posted by D(各務) at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2011年12月18日

ヴァーツラフ・ハヴェル元大統領逝去

本日、逝去とのこと。
もう少し生きても良かったかな、という御年齢。

チェコスロヴァキアが無血で民主化した1989年末のビロード革命の中心人物だった。
チェコスロヴァキアの場合、同じ東側諸国でも、ルーマニアでチャウシェスク大統領(当時)が公開処刑になり、騒ぎを収めるための非常措置とはいえ処刑後の遺骸の映像までが全世界に配信された殺伐さとは対照的だった。
二十余年も前のことで、あまり具体的なことをはっきり思い出せないのだが、ビロード革命を伝えるニュースの中で、大統領となったハヴェル氏の姿を、他の東側諸国の民主化革命とは違った、特別な印象を抱いて観ていたような記憶がある。

ビロード革命のあと、最初の「プラハの春」音楽祭のオープニングで演奏される《我が祖国》はラファエル・クベリークが振ったのだが、既に引退していたクベリークを招くために尽力したのは、ノイマンとハヴェルだったとか。
このクベリークの話は、その演奏を収めたCDの解説に書かれていたことだが、何とも心憎い演出ではないか、と思う。
民主化後最初の「プラハの春」音楽祭で、この音楽祭を象徴する《我が祖国》を、共産主義化に反対して亡命した祖国の巨匠に指揮棒を振らせる。これだけでもう、「チェコスロヴァキアの共産主義体制は終わったのだ!」と雄弁に物語ることになるのだから。

多分、この後少しすると、関連書籍なども出版されるだろう。良さそうなものが見つかったら読んでみよう。



http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20111219k0000m030062000c.html
チェコスロバキア:ハベル元大統領死去 「ビロード革命」

 【ウィーン樋口直樹】旧チェコスロバキアの共産政権を非暴力で倒した「ビロード革命」(89年)を率いて民主化後の初代大統領となり、スロバキアの分離独立後はチェコ大統領を2期10年務めたバツラフ・ハベル氏が18日、チェコ北部の週末用の別邸で死去した。75歳だった。死因は明らかにされていないが、96年に肺がんの手術を受け、右肺の半分を摘出していた。チェコのメディアが伝えた。

 36年10月、首都プラハの名家に生まれ、軍への招集期間を挟んで劇団活動や演劇批評に打ち込む青春時代を送ったが、改革運動「プラハの春」(68年)を鎮圧した旧ソ連軍を中心とするワルシャワ条約機構軍による侵攻後、反体制派運動へ身を投じるようになった。

 「プラハの春」が軍靴に踏みにじられ、演劇活動から閉め出されたハベル氏は77年、独裁的なフサーク体制の人権抑圧に対する抗議をしたためた「憲章77」の発起人となる。その後、何度も逮捕や投獄を繰り返したが、当局の圧力にもかかわらず「憲章77」の賛同者は増え続け、12年後の共産政権打倒につながった。

 89年12月、流血を伴うことなく、ビロードのようになめらかに進んだ民主化革命は「ビロード革命」と呼ばれた。その立役者がハベル氏だった。

 89年に大統領に選ばれ、就任後も民主主義と人権重視を訴えて東欧革命をけん引した。93年にスロバキアが分離独立後、チェコの大統領に選ばれ、03年に政界を引退した。

毎日新聞 2011年12月18日 21時09分(最終更新 12月18日 22時07分)



posted by D(各務) at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコ

2011年12月03日

スメタナコード

まったく、今更だが、こんなものがあったとは。是非聴いてみたかった。

FM797京都三条ラジオカフェ関連情報:2006年12月29日
 「年末クラシック特番「スメタナコードの謎を解く」


2010年04月30日の記事でも触れたことがあるが、スメタナはピアノ連弾版に編曲するにあたって、あえて自らの管弦楽版の一部を無視した編曲を行った。
恐らくスメタナは、管弦楽とピアノ音楽を明確に別物と割り切り、編成が違う以上、効果的に表現するためには敢えて別の表現を取るべきだと考えたからこそ、あのような編曲を行ったのではないだろうか。

そこら辺も含め、どのように紹介されたのだろうか。
posted by D(各務) at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2011年11月12日

「フランツ・コンヴィチニーの芸術」Box Set

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=109065
を買った。
一緒に注文したレアな品物の入荷が遅れまくったせいで、ずいぶん待たされたが。

生まれて初めて、曲名や指揮者を意識して聴いたのが、コンヴィチニーがライプツィヒ・ゲヴァントハウス・オーケストラを振った、ベートーヴェンの田園交響曲のLPだった。
小学校に上がるか上がらないかの頃、父に「これとこれは自分で勝手に聴いていいからな。」と示されたLPが、これと、ショスタコーヴィチの革命、田中希代子のピアノとあと何だったかであった。
イ・ムジチのヴィヴァルディと、ポール・モーリアとその他は、まだガキに傷だらけの鑑賞不能状態にされたくなかったらしく、このとき、使用禁止令が出た。

ベートーヴェンの田園は、何度も聴いた。
革命でタコアレルギーに罹患し(高校の頃に多少治癒)、田中希代子でピアノが大嫌いになった。
#これは多分、田中希代子のせいではなく、曲のせい。

パソ通をやっていた頃に、初めて聴いた演奏が自分のデフォルトになってしまう、いわゆる「刷り込み」ということについてよく話題になった。コンヴィチニーの田園は、私にとってはまさに「刷り込み」の演奏だったように思う。

使用許可の下りた田園と革命のLPは、コロムビアから当時出ていた、「ダイアモンド1000シリーズ」というものだった。当時にしては廉価かつ良いものを標榜していたシリーズだったらしい・・・
http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/renka_lp/diamond1000_album.htm
http://columbia.jp/LP/column/column_13.html

田園交響曲のジャケットは、チロル村の教会の付近の風景写真で、きれいだなぁと思ったものだった。(何故か上記リンク先とはジャケ写が違う)

・・・などと、30余年前のことを思い出しつつ、少しずつ聴き始めた。
最初に聴いたベートーヴェンの田園は・・・第一楽章冒頭の印象が30年前とは若干違っていたが、心地よく聴けた。
7番や8番も好きな曲なので楽しみなのだが、今はシューマンの第3交響曲《ライン》を聴いている。
やはり、最近の演奏(そう沢山聴いているわけではないが)と比べて、ノリが重い感じがするが、それがまた一つ演奏の醸し出す「味」になっているような気がする。
数年前にこの曲を初めて聴いたときに、終楽章の一部がマーラーの《巨人》交響曲の終楽章に似ている気がするとマーラー好きの知人に話したところ、後半1/3はそっくりなのだという話であった。

このBox Set、シューマンの交響曲も全曲が収められている他、序曲なども入っている。シューマンのオーケストレーションにも関心があるのだが、意外に耳にする機会はないから、これはちょっと嬉しい。
じっくり聴いてみようと思う。
posted by D(各務) at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2011年11月08日

アンサンブル・アム 秋のコンサート in 神愛教会

演奏会の案内を頂きましたので、転載します。

アンサンブル・アム 秋のコンサート in 神愛教会
名曲玉手箱 Vol.6 心に残る日本の歌、世界の音楽をお楽しみください
日時:2011年11月20日(日) 開演14:00(開場13:30)
会場:神愛教会
   東京都荒川区東日暮里5-18-8
   http://www.nskk.org/tokyo/church/shin-ai/
曲目:
 ・テレマン:ソナタ ニ長調
 ・ドヴォジャーク:モラヴィア二重唱より
 ・ピアソラ:オブリヴィオン
 ・バッハ:G線上のアリア
 ・イタリアのホームソング
 ・東北地方の民謡より
 ・ふるさとの四季
 他

出演:アンサンブル・アム
   沢由紀子(Pf.)、鈴木真紀子(Fl.)、生方真里(Vn.)

問い合わせ:http://homepage3.nifty.com/yukiko_sawa/index.html
posted by D(各務) at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会・リサイタル