2012年04月10日

「世紀を刻んだ歌ヘイ・ジュード〜革命のシンボルになった名曲〜」 NHK BS Premium

今朝、NHK BS Premium で、題記のビートルズのタイトルを掲げた番組をやっていた。
これがビートルズやレノン、マッカートニーがメインの話だろうと思って観た人は大抵がっかりしたに違いない。何故なら番組は、チェコスロバキア独立からビロード革命までを、特にドプチェク後は国家権力に迫害を受けながらも屈することなく戦ってきた一人の女性歌手マルタ・クビショヴァーの回想に基づくドキュメンタリーで、"Hey Jude" はその中での象徴的な1曲として取り上げられているに過ぎない。

チェコスロバキア現代史のドキュメンタリーとしてはとても良い内容だったと思うが、如何せん他にもいろいろ仕事しながらだったので、半分も観られなかったのが何とも残念。
DVDかBlu-Ray でタイトルが出たら、買ってゆっくり観たいくらい。

「人は人生の中で、何を失って、何を得るのか」などのことを、しんみりと考えさせられるような内容だった。
posted by D(各務) at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57340136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック