2011年12月27日

NTT DoCoMo spモードの不具合のこと

自分はspモードの利用者ではないので多分影響は受けていないと思う。が、それまで知らない人から初めてのメールを貰う機会も多少あるので、そういう中に、もしかしたらそういうメールもあったかもしれない。
最近、運営しているウェブサイトのアクセスログ(httpサーバが記録しているもの)をみると、

AccessExceededNumber

というエラーログがしばしば出ることがあり、それらのすべてがspモードのネットワークからのものだった。
当初はどういう意味のエラーか知らなかったので調べてみると、特定IPからの過剰アクセスが発生した時に出るものらしい。しかしspモードはスマートフォン向けのサービスの筈で、通常の操作でこの様な状態が発生するとは考え難い。ではあるが、PCに繋いで、そのPCからDoS的な大量アクセスをするプログラム(ネット用語的には「田代砲」ってやつか)を実行すれば起きそうな気もする。くらいに考えていた。
件のspモードのトラブルも過剰な輻輳がきっかけだったとされているが、少なくとも手許のアクセスログからは、今年の8月にはspモードで輻輳が起きやすい状況にあったのだろうと想像出来る。
「面倒くさい奴が悪戯でもしてるんだろう」などと早合点せずDoCoMoに通報してあげていたら、ある程度未然に防げたのかもしれない。
...と思った、今回の出来事。

引用元:ドコモメール不具合は1万8698人に影響--他人のアドレスに置き換え
http://japan.cnet.com/news/service/35012635/
※但し説明画像は引用していないので、引用元サイトを参照頂きたい


 NTTドコモは12月27日、メールサービス「spモード」の不具合による顧客への影響を発表した。この不具合は、12月20日に発生したspモードサーバでの輻輳をきっかけに、spモードサーバにおける電話番号とIPアドレスの関連付けにアンマッチが発生。spモードサービスを利用する一部の顧客のメールアドレスが、別のメールアドレスに置き換えられるなどの事象が発生したもの。



 不具合によって影響を受けた顧客の人数は1万8698人でその内訳は以下の通り(「発生した事象のイメージ」の画像も参照)。




  • メールアドレスが別のアドレスに置き換えられた顧客(A):6878人

  • 顧客(A)から受信したメールの送信者欄に別のアドレスが表示された顧客(B):2909人

  • 顧客(A)のメールアドレスに置き換えられた顧客(C):6894人

  • 顧客(C)が圏外や電源断などでメールを受信できない間に、顧客(C)宛に送信したメールの一部を、顧客(A)に受信された顧客(D):2017人



 なお顧客(A)のうち、メールを送受信しておらずメールアドレスの置き換えのみだった顧客が6878人中4097人。顧客(C)のうち、同じくメールアドレスの置き換えのみだった顧客が6894人中4110人となる。



 ドコモでは、12月20日18時頃までに同事象は解消しており、念のため実施していたパケット交換機のリセット作業についても12月22日の1時頃にすべて完了したとしている。また、不具合にともない一時的に停止していた21のspモードサービスについては、「電話帳バックアップ」を除くすべてのサービスが12月22日14時頃に再開。電話帳バックアップは12月26日正午頃に再開したとしている。



 同社ではサービスの一時停止にともない、月額使用料が発生する「ドコモ ドライブネット」「イマドコサーチ」の一時停止した期間を算出し、対象者に日割分にあたる金額を返還するとしている。また、新たに同件に関する専用コールセンターを設置した。電話番号は0120-152-770(携帯電話・PHSも可)、開設期間は12月27日〜2012年1月31日で、受付時間は9時〜20時となる。




posted by D(各務) at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | web/net/pc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52503274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック