2011年07月06日

ヨセフ・スク氏の死に寄せて

チェコのばよりにすと、ヨセフ・スク氏がこの日、81歳で亡くなった。
http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY201107080150.html

聴いて心地よく、彼ほど「芸達者」という言葉の当てはまる弦楽器奏者もそうそうなかったのではないか。
割と最近まで現役演奏家として活躍しており、しかも親日家であったという。
そんな彼の演奏を生で聴けなかったのは痛恨の極みであった。

スク氏の演奏に触れるきっかけとなったのは、フィビヒのヴァイオリン作品集のCDであった。




Fibich: Píseň beze slov (2 housle, klavír)
フィビヒ:2つのヴァイオリンとピアノのための無言歌(遺作)
posted by D(各務) at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49520339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック