2011年09月14日

ドメイン移管

初めて、ドメイン移管作業というものをした。

今、自分が取得・管理しているドメインは3つある。そのうち2つは今のレンタル鯖業者で取得した。しかし、初めて取得したドメインであり、メインのサイトのドメインとして使用している
 fibich.info
は、onamae.com で2004年11月に取得したものだった。
このドメインの維持に毎年3400円ちょっとを支払っているのだが、その一方でonamae.com は、ここ2,3年ほど、新規顧客には同じサービスを920円だかで提供している。その一方で、従来の顧客には従来の価格(3,400ちょっと)の更新料を毎年取っている。
いくら何でも不公平なので、去年、そのことについてメールで抗議したことがあった。
もし、920円で提供するのが金額的に妥当であるなら、こちらにも同額でサービスを提供出来るはずだし、もしそうでないなら、我々旧来の顧客が支払っている割高の料金を新規顧客が割安に利用出来る為の穴埋めに使われているわけで、いずれにせよ現状のままというのは承服し難い。同額にして欲しいと。
そうでなくとも普通、割安にするサービスは、永年の付き合いのある顧客にこそすれ、新規顧客を旧来の顧客より優遇するというのは、常識として違うんじゃないの?というのもある。
そのように去年抗議したのだが、「その件については検討中です」との回答しか得られなかった。以来1年、何の音沙汰もない。
この対応にはかなり頭に来ていた。
まぁ、これ以上かかずらっていてもいろいろ無駄なばかりなので、今年のドメイン更新を目前に控えて、このドメインの管理を、onamae.com から、サーバを借りているサーバ業者に移管する手続きを取った。これだけでも、ドメイン登録料は従来の約半額ぐらいは節約になる。

以前、知人が管理を担当しているチェコ音楽関係の団体のウェブサイトが、サーバ業者の倒産により、ドメインまでが一旦無効になったり、そのドメインを回収したりで結構大変な目に遭ったことがあった。それを思うと、ドメインとサーバの業者が別々になっているのは悪くないと思っていたのだが、この際、やむを得ない。
posted by D(各務) at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | web/net/pc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48069738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック