2011年08月11日

レスピーギ:リュートの為の古風な舞曲とアリア

・・・といえば、第3組曲ばかりが突出して有名だが、コンスタンティン・シチェルバコフが弾く、レスピーギ自身によるピアノ独奏編曲版を聴く限り、第1・第2組曲も興味を惹かれる。
第1・第2組曲と第3組曲が一緒に録音されることは殆どないようだが、それにはそれなりの理由があるように思われる。それは編成の違いである。第3組曲は弦楽オーケストラがあれば良いのに対し、第1組曲は弦楽オーケストラに木・金管楽器、ハープ、チェンバロが加わる。第2組曲に至っては第1組曲の編成に加え、管楽器群が増え、更にチェンバロが連弾になり、チェレスタと打楽器が加わる(ということが、楽譜を見ると分かる)。
これでは、1枚のCDに収録したり、1つの演奏会で上演したりというのはなかなか難しいだろう。

色々調べてみたが、今のところ音源として入手可能な全曲収録盤は、小澤征爾指揮のボストン響のもののみらしい。
先日、全曲収録盤と勘違いして、第3組曲のみ(他に、別の作曲家の作品が2つ収録されてはいるが)のCDを買ってしまった。
イタリア合奏団(I solisti Italiani)のものだったが、イタリア的な明るさを表現するによく合う響きを持ち、創り出す音楽も素晴らしい。当初の目的からすると完全に失敗だったのだが、こんなものを聴かされると「買って良かった」と言わざるを得ない(笑)。

「リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲、他 イタリア合奏団」
posted by D(各務) at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47305740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック