2011年06月19日

フィビヒ:《アルバムリーフ》 Op.2

以前某ピアノサークルでご一緒させて頂いていた方の一人(今でも別な形であるが連絡は取り合えるようになっている)から教えて頂いて、

 Slavic Miniatures (スラヴの小品集)

という曲集を入手した。
#注文して、届いたのが今日だった。
リスト・フェレンツの全集を出していることでも有名なハンガリーの出版社、Editio Musica Budapest が出版している。
「あれ? ハンガリーって、スラヴ民族国家だったっけ? 住んでいるのはマジャール人だったのでは? それがどうしてスラヴの曲集を?」
・・・という、若干どうでも良い疑問を感じつつも、この曲集の新刊が手に入ったのは有り難かった。
というのも、現行の楽譜では、ABRSM(英国王立音楽院)が出している曲集と、Editio Supraphon(現在の Editio Bärenreiter, Praha)から出ている曲集に、それぞれ2曲ずつくらい載っている程度で、これまでお目に掛かっていない曲もあったし、更には古書でも見つからないからであった。

5曲で構成されているが、どれも1頁程度の短い曲ばかりだ。
輪唱風の終曲 "Epilogue" は、上述のABRSMの曲集に入っていたから、10年以上前に弾いていた。輪唱風というのは、ピアノ曲としてはちょっと変わったアイディアのようにも思える。何となく物寂しげな雰囲気の曲である。

さて、この作品の第3曲に「漁師の歌」というのがある。6/8拍子のこの曲、弾いてみると、冒頭2小節が何かを彷彿とさせる。
一瞬何だろうと思ったが、答えはすぐに出た。ショパンのピアノソナタ第3番ロ短調の終楽章の主題だ。
ショパンのソナタの楽譜が手許にないので、和声レベルでまで確認はしていないが、実際のところはどうだろう。フィビヒはショパンよりも後の時代の人物だから、ショパンのソナタを知っていた可能性はある。ただ、この作品を作曲した15,6歳の時点ではどうであったろう。
それにしても、何故この曲が「漁師の歌」だったのか。それなりの出自があったのか少年らしい思いつきで決めたに過ぎないのかは現時点では何とも言えない。が、仮に前者であった場合、ちょっと面白いことになってくる。「ショパンのソナタも同様だったのか?」という推測も出来るからである。
posted by D(各務) at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46661493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック