2011年05月17日

ヴォジーシェクの名前

ベーレンライター・プラハから刊行されている、ヤン・ヴァーツラフ・ヴォジーシェクの作品主題目録を見てみた。
シューベルトとほぼ同じ時代を生き、シューベルト同様30代前半で世を去ったヴォジーシェク。死の病で床に就いたとき、以前から彼をかわいがっていたベートーヴェンは、自分の主治医を派遣したものの、その甲斐もなくということだったらしい。
そんな短命の作曲家だったから、作品は少ない。シューベルトと作品数を比べるのはちょっと酷だ。

名前が兎に角長い。
Jan Václav Hugo Voříšek
「ヤン・ヴァーツラフ・フゴ(ドイツ語式にはフーゴ?)・ヴォジーシェク」となる。
Václav か Hugo のどちらかに括弧がつけられていることが多いので、どっちがどうなのだろうと思っていたのだが、もとの名は、「ヤン・フゴ」で、洗礼名が「ヤン・ヴァーツラフ」、それにプラス、ファミリーネームの「ヴォジーシェク」ということだそうだ。

posted by D(各務) at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45223698
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック