2011年03月16日

震災翌日(3)

結局、水戸で泊まるのは諦めて(寝るとき用にポケットウィスキーまで買い込んだのに!)、実家まで向かった。
実家の近くまで来ると、通行止めに阻まれた。
こんなときにちゃんと警備員がいて(しかも深夜1時半頃)、迂回を指示された。
道路沿いの石塀が崩落して、通行は危険だからという。
「この先に行きたいんだ」と説明すると、実際の崩落現場の手前までは行って良いとのことだったので向かってみたが、実家の最寄りの交差点にたどり着く前に、崩落現場に着いてしまった。
車を駐めて様子を見たかったが、停電で街灯はついておらず、更に車にも懐中電灯等の準備がなかった為、全く視界が効かず引き返すしかなかった。
しかし、迂回するとすんなり実家にたどり着くことが出来た。
しかし、午前1時半。
どうにも踏み込む気になれず、よく考えると馬鹿げていることだが、結局翌朝6時半過ぎまで車中で待っていた。

posted by D(各務) at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44160603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック