2011年03月15日

震災翌日

泊めて貰った家で朝食をご馳走になってから出て、翌3月12日、電車に乗ったのが確か10時台。
それでも私が帰る方向は電車運休で阻まれて、結局最後はタクシーのお世話になった。渋滞が酷く、深夜料金よりも高くついた。
そうまでしてでも急いで帰らねばならなかったのには、わけがある。
実家の安否が不明で、しかもそのことについて親戚中から問い合わせが殺到していたからだ。実家との確執はさておき、これだけは確認しておかねばならない。

帰宅したのが13時半頃。家に入ると、まず玄関からして散らかっていた。部屋の中も酷い。
部屋の散らかり具合にゲンナリしつつも、取り敢えずシャワーだけ浴び、メールなど確認して、家を飛び出した。それが16時前くらい。
このとき、実家のある茨城に関して、報道から得ている情報といえば、常磐線および常磐自動車道の不通くらいである。一般家庭がどうなっているかなど、知る由もなかった。

そんな状況だから、移動するにあたって、「車で下道を往く」という方針だけが出来る。
小山の方をまわるルートよりも、三郷あたりから国道6号を行く方が距離的にも短いので良さそうだと判断し、そのように動いたのだが、渋滞激しく、茨城県内に入るだけで4時間ほどかかってしまった。4時間といえば、いつもならDoor to Door の所要時間よりも長い。
茨城県内に入ると、場所によっては街灯はおろか信号まで消灯している有様。電気が来ていて開店しているコンビニに行けば、食料と飲料が全くない。報道は、茨城を少々軽視し過ぎていたと思う。「こんなことなら出発時に買い揃えてから来れば良かった」と思ったが、最早手遅れだった。
posted by D(各務) at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43873101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック