2011年03月15日

震災

4日前の3月11日(金)15時少し前にあった地震は、未曾有の大震災だった。
当時、職場でいつものように仕事をしていた。数日前に地震があったが、外に比べてかなり揺れが少なかった。それがこの日は、自主的に机の下に潜ろうと思うほどの激しい揺れであった。尤もそれほどの揺れでこのビルが崩れるくらいなら、机の下に潜ったところで、瓦礫に机もろとも押しつぶされて、どのみち助からないだろうとは思ったが。
それでも幸いビルは崩壊せず、自分を初め、職場の面々も助かった。
仕事柄、各自の席にTVがあって、その気になればニュースなど見ることが出来たりするのだが、この日はその後、そういうことになった。
宮城県方面では、津波が押し寄せた。その映像をリアルタイムで放送していて、まるでパニック映画のシーンを見ているようだった。が、それが演技ではなく事実であるだけに、戦慄することもひとかたではなかった。

その後、退勤命令が出て、ひとまず帰ることになったのだが、交通機関、特に鉄道は完全に麻痺していて、どこへ帰るにしても徒歩での移動を強いられる事態になっていた。
私の場合は徒歩帰宅圏外なので職場に居残るという選択肢もあったのだが、飲食物を確保した上で強引に退勤した。
家の方向を目指して約2時間。西麻布交差点付近にたどり着いたところで流石に無理だと悟り、近くに住む知る辺を頼って泊めて貰った。
posted by D(各務) at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43873001
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック