2010年10月30日

台風と練習、開かずのワイン

今日は、連弾合わせ練習の日だった。
しかし、台風が午後〜夜にかけて最接近するとのことで、池袋のスタジオで予定していた合わせ練習は、相方に電話して、急遽取りやめることになった。。。

しかし、当日キャンセルしてもキャンセル料が取られてしまう。それが悔しくて、結局一人でスタジオに向かった。
いつも、西武口方面から地下道を通ってキンカ堂の出口を昇って地上に出るのだが、暫く来ないうちにキンカ堂は閉店。出口は閉鎖されていた。
「なにも出口まで閉鎖しなくても良いだろう。」と思うのだが、元々ここはホームレスがよく屯していたので、管轄者(JR?)としても、理由もなく開けておくのは嫌だったのかな?とも思う。
仕方なく、もう少し先の、地下道終点まで歩き、地上に上がってから横断歩道を戻る方向に渡って、スタジオ入りした。
スタジオの予約は4時間取っていて、当初は1時間自分の個人練習、3時間を合わせ&その場での個人練習で配分するつもりだったのだが、一人で来てしまったので、そのまま一人で弾き倒した。
いろいろ、尻に火がついているので、そういった曲を浚っていたのだが、それだけで4時間が過ぎてしまった。
どんなことがあっても何とかしなきゃいけないのは、12月に弾く歌曲「我が月のマドンナ」の伴奏と、11月に弾く予定の「ピアノ連弾の為のソナタ」、ノヴァークの「月の夜の歌」。
時間の殆どを「月の夜の歌」に割いたら、大分進んだ。毎日これくらい腰を据えて練習出来たら、3週間くらいで仕上がるのに・・・・(既に2ヶ月掛かっている)

帰りは、西武百貨店に寄った。
池袋に来て、時間があると必ず見て歩く。人にものを贈るときに、贈る必要が出てから見てもなかなか時間が掛かって大変なので、普段から色々見て目を養っておこうという魂胆である。
話は変わるが、うちには栓の抜けない安いワインがある。
スプリング状のコルク栓抜きを一度突っ込んだがびくともせず、扱いに困っている。
そこで今日は、西武百貨店で栓抜きも物色してみた。
私が欲しいのは、金属の平たい足が2本出ていて、それぞれ瓶とコルクの間に差し込み、引っ張ることによってコルク栓が抜けるというモノ。
しかし、売ってなかった(なんで〜〜〜?!!!!)。。。

あのワインが片付かないと、冷蔵庫が手狭で困るんだけどな・・・
posted by D(各務) at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41543132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック