2007年03月11日

八重泉・俵屋

酒と非常食の買い出しに、浦和の酒屋へ車で出掛けた。
今日のメインターゲットは、(そろそろ久米仙の一升瓶が空きそうなので)普段のみ用の酒と、「八重泉」という泡盛である(注:一升瓶ではなく、Greenの方)。
「八重泉」は樫樽で熟成させているらしく、ウイスキーのような、一風変わった風味で、なかなか美味い。
「泡盛は興味あるけど、あの独特の風味がちょっと苦手で・・・」というような人でも試してみる価値があるかも知れない。

今日は某悪党との約束の日だったので、その後、西川口の俵屋に行く。
上はメインから、下はお通しや締めの漬け物に至るまで、何を頼んでも極上に美味い物しか出てこないという店だが、主が近く店を閉めるつもりらしいので、このところほぼ月一回のペースでここに出掛けている。
今日頂いたものは:
 軍鶏の陶板焼き:何度食べても美味い。
 ウド・タラの芽・蕗の薹などの天麩羅:春の楽しみである。
 河豚の唐揚げ:物が良いのでもちっとした食感で、これもまた美味かった。
 鰺の塩焼き:まだ酢で締めていない物を焼いて貰った。鮮度も味も良かった。
 小肌:酢で締めた物。さっぱりとして、ビールに良く合う。

ということで。
閉店までに、あと1,2回は食べに行けると良いのだが。
posted by D(各務) at 00:36| Comment(0) | TrackBack(1) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3507687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Henp Beer
Excerpt: 最近のんだビールをずら〜っとレビュー!
Weblog: グッド・ぺヤングス
Tracked: 2007-03-21 19:39