2018年06月10日

Alojs Nebel

EUフィルムデーズ2018 で、チェコ映画 "Alojs Nebel" を観た。
2,3年前にも日本で上映されたことがあったのだが、そのときにはチャンスがなく観られなかった。
気になっていた映画だったので、今回見ることが出来てよかった。

Alojs Nebel は Bílí Potok 駅(蛇足ながら、日本語にすると「白川駅」となる)に勤める鉄道員。幼少の頃にズデーテン・ドイツ人の追放に遭遇しており、その時のことがしばしばフラッシュバックする。
手塚治虫の「アドルフに告ぐ」に出てくるナチスのアセチレン・ランプ氏を彷彿とさせる、角ばった強面に色付きの大きなメガネの風貌だが、性格は全く異なり、無口で気が強いわけでもなければ、自信家でもない。
ラストシーンまで観て汲み取るものは人それぞれだろうが、私は綺麗サッパリ「清算」されるのではなく、人の人生の複雑さを、複雑なままに描いているように感じられた。

終演後、トマーシュ・ルニャーク監督とのトークがあった。
ルニャーク監督は40代半ばで、第二次世界大戦やその後の混乱のことなど自身では経験していない筈だが、自国チェコスロヴァキア(ビロード離婚後はチェコ)でそのためにどんなことがあったかについて、一人の人間としてきちんと向き合っていることが、その話の内容から汲み取れた。
それに比べ、我が国は?自分は?と振り返った時、それが足りてないことを恥ずかしく思った。

また、"Alojs Nebel" の原作は一種のマンガで、主人公は「兵士シュベイク」のように陽気でおしゃべりな人物だったという。にもかかわらずこのように無口なキャラに変更したのは、この "Alojs Nebel" の出身地は無口な人間が多い土地柄だから、無口な性格にするほうが良いと判断したからということだった。
この映画で採用されている「ロトスコープ」という技法がどういうものかを知らずに観ていた。ほぼ白黒モノトーンの割には矢鱈とリアル感があるなと思っていたら、まず実写してからそれを白黒のアニメーションにしているとのことだった。
posted by D(各務) at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183505275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック