2016年01月02日

リンク集というもの

過去の諸々を読み返しているうち、リンク集サイトを作りましたという方からサイトのご案内を頂いた時のものが出てきた。
結果から言うと、その方は私のメインのサイトをリンクして下さったとのことなのだが、私の方からは相互リンクにはしなかった。申し訳ないがそのサイトはすぐになくなると踏んだからだった。案の定、そのサイトはあっという間に消滅したが、勿論、その事情までは分からない。
どういうサイトを探すのにもワザが必要だった1990年代とは異なり、その時は既に大抵のものはリンク集やブックマークを探し回るよりも、何も考えずに検索エンジンにキーワードを入れて検索する方が速い時代になっていた。
そのような状況下でリンク集が持つ意味は、思いつくところでは

  1. 相手の被リンク数を増やす(それにより検索エンジンに重要度をカウントして貰えれば御の字かな)

  2. 特定のテーマに沿って見つけたサイトを一覧化することにより、キーワード検索では一度にリストアップされないようなサイト群を俯瞰出来るようにする

  3. 自分にとって利便性の良いリストとして活用する


といったところだろうか。
このうち閲覧者にとって意味があるのは2番目のみ。それも閲覧者が意義を理解出来ればの話(それに関しては、きちんとした説明さえ付けてあれば大丈夫な場合も多いだろう)。
やはり独自のコンテンツを作らなければ誰にでも作れるものになってしまうし、存在意義を問われたら自信を持って答えられないだろう。そういうものを維持するモチベーションが長続きするとは思えない。
posted by D(各務) at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | web/net/pc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171121153
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック