2008年06月20日

火狐3.0

先日、鳴り物入りでリリースされたばかりのFirefox3.0 をPCに入れてみた。
Firefoxは初回リリース以来使ってはいるが、不満なところもあったので、Mozilla, Seamonkey(Mozillaの後継)を併用している。
今までに感じていたFirefoxの気に入らなかったところは、
 ・複数のタブで同時にある程度重いページを読み込ませたときに、反応が悪くなる。
 ・一部の暗号化されたサイトにアクセス出来ない(多分これはもう無い)
 ・複数のページをタブとしてブックマークできない(フォルダになってしまう)
などだ。
しかし、かといってIEは使いたくないし(Windows以外のOSも使うので)、Seamonkeyでも、
 ・Ajaxにあんまりマジメに対応していない
 ・駅探など、私が使うサイトの一部を正しく表示してくれない。
などの問題があり、結局ずっと併用するハメに陥っている。

今回、そういう意味で多少の期待があった。
実際使ってみて、確かに重い処理をしている時の反応は、多少良くなったような気がする。
しかし、PCのファンが回りっぱなしになるのが気になって調べてみたところ、FirefoxがCPUをバカ喰いしていることが判明した。
Idle状態なのに、CPU使用率が64%とは、ちょっと酷かろう。
...まぁ、クロックが1GHzちょっとしかない非力なマシンは想定外なのかも知れないが(苦笑)。
posted by D(各務) at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | web/net/pc
この記事へのコメント
なるほどそれで「火狐」なんだ(笑)
うちのパソの画面にウイジェットエンジンが表示されているので、CPUが変化するのを見てると面白いです。

パソコン、私の使い方なら1Gで十分かもしれないけど、色々使いこなしている証ですね。
Posted by えこ at 2008年06月22日 20:25
えこさん>

>ウイジェットエンジン

って、どういうものなのでしょう?

>色々使いこなしている証ですね。

いえいえ。
単にあれもこれもいっぺんに開いて開きっぱなしになっているだけです。(^^;
Posted by D(各務) at 2008年06月22日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16265913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック