2014年05月10日

志村泉ピアノリサイタル チェコ・愛の歌 〜古典から現代まで〜

を、聴いてきた。
プログラムは、先日の紹介記事 の通り。

全席自由だった。到着は開場直後の時間だったが、ホールに入った頃には客席が既に 2/3 ほど埋まっており、開演の頃までには満席になっていた。
王子ホールは決して客席数の多い方ではないが、出演者の実力があっても、広報・集客にもきちんと力を入れていなければ、なかなかこうはならないだろう。

さて、聴いた印象からプログラムの構成に一言添えてみる。
今回のプログラムで唯一組み込まれている現代音楽、ヤン・ノヴァーク [Jan Novák] の「半音階的トッカータ」。これがヤン・ヴァーツラフ・ヴォジーシェク [Jan Václav Voříšek] の幻想曲の次に演奏されたわけだが、この曲をこのプログラムに入れるには「ここ以外に入れようがない」という場所だった。
他の順番であれば、違和感を感じただろうと思う。

演奏についてだが、演奏者の持ち味が一番活きたように思われたのは、ノヴァークの「半音階的トッカータ」だった。
J. ノヴァークを聴くのは今回が初めてで、そもそもこういった系統は私自身あまり聴いているわけではないのだが、面白く聴けた。
この曲は、キラキラとして、部分的にはある程度次の展開の予測がつくものの、めまぐるしく場面が変わっていく。こういうものを面白く弾けるのであれば、「恐らくマルチヌー辺りを弾けば良い演奏が聴けるのでは」と思わせるものがあった。

スメタナの「モルダウ」ピアノ独奏版は、誰の編曲だったのだろう。終盤、大胆に音をいじっているところがあったあたりからすると、スメタナ自身のものだろうか?
実際のところは分からない。
ただ、スメタナがピアノ連弾版に編曲した、同じ「わが祖国」の終曲「ブラニーク」終盤には、第三者が同じ事をやったら「作品への冒涜だ」と言われかねないほどに原曲からガラ変している箇所があるので、そういうことから上の推論となった。
聴く限りは、オタカル・オストルチル(Z. フィビヒの作曲の弟子で、作曲家・指揮者として活躍した)がやったようなエゲツない編曲ではない。聴く者の心をおかしくさせるスメタナらしい狂気こそ持ち合わせないが、それでいて独奏で出来ることはほぼやり切っているのかなと思う。

フィビヒの「気分、印象と追憶」は、1曲1曲は短いものの曲数が多い。これは一定の演奏時間で、より多くの互いに異なるキャラ設定をしなければならないことを意味する。
なんせ376曲からの抜粋なので、選曲・曲順を決めるだけでも一大事で、その過程で個々のキャラ付けも考えなければならない。
志村氏が完全に現代音楽寄りというわけではない、という証拠だと思うが、このプログラムの中でも特に良い演奏をしたものの中には、これらの中でもしっとりした情感の曲があった。

全体的には、カチッと弾き切ろうというスタイルを感じた。
posted by D(各務) at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会・リサイタル

2014年05月02日

仙台市民交響楽団 第70回定期演奏会

演奏会紹介をもう一つ。

仙台市民交響楽団 第70回定期演奏会
日時:2014年6月15日(日)
会場:日立システムズホール仙台(旧旭ヶ丘青年文化センター) コンサートホール
演奏:仙台市民交響楽団
指揮:大井剛史
曲目:フィビヒ:交響詩「夕暮れに」作品39
   ドヴォルザーク:交響詩「金の紡ぎ車」作品109
   ドヴォルザーク:交響曲第4番ニ短調作品13



フィビヒに関しては、彼自身があの形にしたわけではない「詩曲」ばかりが取り上げられることが多く、「全く取り上げられないよりマシ」という状況になることが多い。
が、その「詩曲」の基になっている、この「黄昏」が取り上げられるのは非常に意味のあることだと思う。
ちょっと惜しかったのは、この曲は、ジャンルとしてはたしかに交響詩に分類されるべきもので、その点間違いではないのだが、作曲家がこの曲に与えたタイトルは、邦訳すると「管弦楽のための牧歌《黄昏》」である。

開場・開演時間が掲載されてないんだけど、問い合わせないと分からないシステムなんだろうか...。
posted by D(各務) at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会・リサイタル

2014年05月01日

志村泉ピアノリサイタル チェコ・愛の歌 〜古典から現代まで〜

近日の演奏会の紹介を。

志村泉ピアノリサイタル
チェコ・愛の歌 〜古典から現代まで〜

日時 2014年5月10日(土)
開場:13:30
開演:14:00
会場 銀座・王子ホール
演奏 ピアノ:志村 泉
曲目 ヴォジーシェク:幻想曲ハ長調Op.12 (1791-1825)
    スーク:「愛の歌」Op.7-1 (1874-1935)
    ノヴァーク:半音階的トッカータ (1921-1984)
    スメタナ:「モルダウ」-交響詩「わが祖国」より第2曲-ピアノ版 (1824-1884)
    フィビヒ:「気分、印象と思い出」より
チケット 全席自由 4500円 
問い合わせ (株)インターミューズ・トーキョー Tel 03-3475-6870 ホームページ
王子ホールチケットセンター Tel 03-3567-9990
東京文化会館チケットサービス Tel 03-5685-0650



ヴォジーシェクはここで何度か取り上げたかもしれない。ベートーヴェンの後期にほぼ重なる生涯を送り、ベートーヴェンに将来を期待されていただけの才能がありながら、僅か34歳で世を去った。東ボヘミア・ヴァンベルク出身でヴィーンで活躍した作曲家。
交響曲では既にシューマンやブラームスを先取りするかのような作品を書いている。
ピアノ作品に関しては堅実な古典派といった印象だが、キャラクターピースとしての「即興曲」を創始した(シューベルトよりも早い)。

スーク(スク)は先年亡くなった同名の名ヴァイオリニスト、ヨゼフ・スクの祖父。アントニーン・ドヴォジャークのプラハ音楽院時代の門下の一人で、ドヴォジャークの娘と結婚した。
「愛の歌」は、彼の作品の中でも比較的よく演奏されるものの一つだろう。

ノヴァークは、ここで何度か取り上げたヴィーチェスラフ・ノヴァークではなく、ヤン・ノヴァーク。
少しく現代的な作風と聴いているが、私は未聴の作曲家なので楽しみにしている。

スメタナについては、作曲家・作品共に説明不要だろう。
フィビヒの曲に関しては、こちらを。

posted by D(各務) at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会・リサイタル